シャンプーの後はすぐ乾かすべき!頭皮に良い♪

シャンプー後はすぐに乾かすようにしています

自分が子どものころは、ドライヤーは頭皮を傷めるので、自然乾燥がよいというような情報が流れていたこともありました。

 

ですが、今では、シャンプーの後は、すぐにドライヤーで乾かした方が頭皮にも、髪の毛にも良いといわれています。
私は、現在育児中の主婦なので、子どもたちの世話や家事に追われてドタバタしていると、入浴後、自分の髪の毛を乾かす時間が取れないこともあります。けれど、髪の毛をすぐに乾かせない日が続くと、明らかに髪の毛がばさばさになり、頭皮のかゆみやふけが気になり始めるのです。おそらく、頭皮には、いろんなばい菌が繁殖してしまっているのだと思います。恐ろしいことです。

 

 

そこで、最近では、夫がいるときには、子どもたちをちょっと見てもらって、シャンプーの後はできるだけすぐに乾かすように気を付けています。

 

また、ドライヤーを当てる前には、椿油を一滴手に取って、髪の毛によくなじませるようにしています。こうすることで、ドライヤーの熱から髪の毛を守り、乾いた後も、髪の毛はつやつやになります。椿油の代わりに、スクワランを付けても同じように、髪の毛がつやつやになります。

 

でももっと良いのがあります。それはドライヤーの熱を利用する洗い流さないトリートメントです。洗い流さないトリートメントはドライヤーの熱を利用して髪をケアします。ドライヤー前に塗ってかけるとあら、綺麗!ってかんじです。
最近のマイブームですよ。

 

ブロー時の熱ダメージを防ぐ

 

こんにちは。みなさん、お風呂に上がったあとのブロー、どうしていますか?

 

「自然乾燥に任せている!」なんてワイルドな方もいるかもしれませんが、髪のためにはすぐに乾かした方がよいそうです。
ただ、このブロー、やり方を間違えてしまうとかえって髪に大ダメージを与えてしまうものなのです。
どのくらいダメージを与えてしまうものなのか。試しに、腕などの皮膚に直接、十秒ほどブローを当ててみると分かるかと思います。
頭皮は髪に守られていますので、それほど気づかないケースも多いですが、ブローの熱はかなりのもの。
そのブローを長時間当ててしまうことで、長期的にかなりのダメージが蓄積されてしまうのは当然ですよね。

 

それでは、どうすればよいのか。ポイントは、「熱い空気を当てた後に、冷たい空気を当ててやること」です。
ある程度熱い空気をあてて、髪の間にも空気が行き渡った後、スイッチを切り替えて冷たい空気を当てましょう。

 

すると、熱で火照った髪が引き締められます。ちょうど、温かいお湯で洗顔した後に、冷たい水や毛穴引き締め効果のある化粧水でしめるようなイメージです。
髪のキューティクルが守られ、健康な状態を維持することができます。みなさんもぜひ、お試しください。